清掃業について
清掃業について TOP清掃業 について >ビルクリーニング2
清掃業 について
清掃業 について
はじめに
ビルクリーニング1
ビルクリーニング2
病院清掃
ハウスクリーニング
その他の清掃業
ビルクリーニング2
設備管理

ビルを管理する仕事は、ビル内外を掃除するだけではありません。

建物内部で快適に過ごすためには、空気の温度や気流を調節したり、水質を管理したり、排水が滞らないようにしたりする作業が不可欠です。

大規模な清掃会社になると、通常の清掃業務に加えて、専門的な資格を持つ「ビル設備管理技能士」などを送りこんで、ビルの生成環境を整えたり、施設機器を点検、整備、保全を行うサービスも提供しています。ちなみに、この業務にあたれるのは、ビル管理法で定められた一定の基準を満たせた会社のみです。

ビル設備管理技能士

では、具体的にビルの衛生管理を行うプロフェッショナルのための国家資格について見てみましょう。

初級レベルだったらまずは「2級ビル設備管理技能士」ですね。

受験資格に2年の経験が必要だそうです。

中級レベルだったら「1級ビル設備管理技能士」。

受験資格には10年の経験が必要です。さらに上級レベルになると、「建築物環境衛生管理技術者」という上級国家資格があります。

合格率が10%程度のかなり難しい試験ですが、取得すれば就職先には困らないようです。



ビルクリーニング技能士

内容が前後しますが、前述の清掃業務にもプロフェッショナルを証明する国家資格「ビルクリーニング技能士」があります。

試験内容は、ビルクリーニング全般から、具体的な作業方法、洗剤や薬剤、壁や鉄など素材の知識、安全衛生、関連法律についてなどが問われるようです。「ビル設備管理技能士」のように等級はなく、今のところ一等級のみです。

はじめに
ビルクリーニング1
ビルクリーニング2
病院清掃
ハウスクリーニング
その他の清掃業

戻る

Copyright (c)2009-2011 清掃業について All Rights Reserved.